日本語

道場紹介

精進館は香港に2003年に創立され、剣道と居合道を通して日本伝統武道・文化に触れ合い、技術的な面だけで無く、幅広く、自己成長を目的としています。

武士道、葉隠精神を分かりやすく取り入れ、自然に学びながら身に染み付いて行くことで無理の無い指導を心掛けています。
最近は試合重視の稽古が普通になってきており、”試合に勝つ=剣道の目的”と、何と恐ろしい傾向が盛んになってきているが、当道場では試合に勝つための選手を育つのでは無く、精神面の重視、技の継続鍛錬により、人生に勝つサムライスピリットを持った人作りを重視し、勉強、仕事、社会で活躍し、成功できる人間育成をゴールとしています。


稽古内容

毎回の稽古では、剣道の基本を中心に、剣術での特殊な動作をはじめ、呼吸法を重視した気力の鍛錬、剣道形の詳細研究、技術的工場を目的とした「精進形」、剣道形の動作における竹刀技術の向上を図っています。

更に実際に防具を着けての稽古では、片寄った指導では無く、脳を発達する意味でも上段、二刀流、小刀での異種稽古も実施しています。

初段以上を取得すると香港剣道協会でのシニアメンバーの稽古にも参加可能。更に試合も楽しみたい人には香港ナショナルチームメンバーとの稽古会、試合出場も可能です。

日本人も香港人も、初めて経験する初心者も高段者も、男女問わず、皆が一生懸命に、楽しくお稽古で汗を流し、有意義な一時を過ごし、実のある稽古を実施できます。